no title

1: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 20:45:14.671 ID:dDMe/0YA0.net
王「勇者達よ、頼む! 魔王を倒してくれ!」

勇者「お任せ下さい」

王「心強い返事だ。さっそく旅に出るための支援物資を――」

勇者「いえ、城から出かける必要なんてありませんよ」

王「え?」

勇者「一部屋……用意して下さいますか。俺たちがパソコンをやるのにちょうどいい部屋を」

王「そんなことならかまわぬが……」



引用元:https://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1623239114/



2: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 20:46:45.670
お前たちが集まってもゲームしかしないだろ…



3: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 20:48:22.092 ID:dDMe/0YA0.net
大臣「陛下のご命令で、この部屋を用意させてもらった」

勇者「おっ、いい部屋ですね! 最高!」

戦士「エアコンも効いてるし、食い物もある!」

魔法使い「これなら魔王を倒せるわね!」

僧侶「ええ、私たちならばやれます」

大臣「……?」

大臣(この四人はいったいどうするつもりなんだ……?)

勇者「よかったら、どうやって俺たちが魔王を倒すか見物しますか?」

大臣「う、うむ」



4: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 20:51:30.014 ID:dDMe/0YA0.net
勇者「……」カタカタ

大臣「何をしてるんだ?」

勇者「魔界のインターネット掲示板にスレッドを立ててるんです」

大臣「魔界にもそういうものがあるのか……で、どのような?」

『【速報】魔王は部下に爆弾を抱えさせて特攻させるなんて計画を立ててるらしい』

大臣「な!? 魔王の奴、こんな恐ろしい計画を……」

勇者「ああ、俺が勝手に考えただけです」

大臣「へ?」

勇者「つまり全くの事実無根です」

大臣「なんでこんなスレッドを……?」

勇者「そりゃ、こういうスレが立てば、魔王の部下が魔王を怪しむようになるでしょ?」

大臣「なるほど、部下の離反を狙うわけか……しかし信じるだろうか?」



5: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 20:54:30.391 ID:dDMe/0YA0.net
『マジ?』

『嘘乙』

『いやでもあの人ならやりかねないぞ。心当たりはある』

『ショックなんだけど……』

『こんなスレ立ててレス乞食すんのやめろや』



大臣「おお……なかなか食い付いてるじゃないか。ただし、イタズラだと思ってる者も多いが」

勇者「この書き込み、全部俺です」

大臣「え!? しかし、IDが違うんだが……」

勇者「ID変えるなんて朝飯前ですよ。とにかくこうやって自演しまくっていれば……」



6: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 20:57:40.469 ID:dDMe/0YA0.net
『このニュース……ガチなん?』

『詳しい話を教えて』



勇者「これらは俺の書き込みじゃありません。本物の魔族たちが食い付いてきました」

大臣「はぁ~……」

勇者「こっからが俺の腕の見せ所ですね」カタカタ

勇者「いかにも関係者を装って、裏情報という名のニセ情報を流したり……」

勇者「時にはスレの趣旨を否定する書き込みもする。一人で何人も演じて議論を加速させる」

勇者「一度軌道に乗れば、後は勝手に盛り上がります」

大臣「なるほど……」



7: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 20:59:06.253
勇者(自演する勇気ある者)



8: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 21:00:50.612 ID:dDMe/0YA0.net
『そういや俺、爆弾作り命令されたことある!』

『魔王様にお仕置き喰らったことある。今でも恨んでる』

『俺の弟が魔王軍いるんだけど、この計画が本当なら許せねえ』



勇者「もうこのスレは俺の手を離れました。放っておいてもヒートアップしていきます」

勇者「こいつらの心はどんどん魔王から離れていくことでしょう」

大臣「ひええ……」

勇者「さて、他にも魔王の評判を貶めるスレを立てないと……」



9: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 21:03:21.009 ID:dDMe/0YA0.net
大臣(他のメンバーはどのように魔王を攻撃するのだろうか……)

大臣「ん? どこに行くんだ?」

戦士「ちょっと出かけようと思いまして」

大臣「しかし、勇者殿は城から出かける必要などないと……」

戦士「まあ、あいつのやり方はそうですが、俺はちょっとやり方違うんで」

大臣「それはそうだな。で、どこへ行くのだ?」

戦士「魔王城っす」

大臣「魔王城!?」



11: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 21:06:27.052 ID:dDMe/0YA0.net
大臣「やめておけ、倒されてしまうぞ!」

戦士「大丈夫ですよ。何も攻め込むわけじゃないんで」

大臣「じゃあ何しに行くんだ?」

戦士「凸っす」

大臣「とつ?」

戦士「“突撃する”って意味で、ネット上で知り合った仲間らと魔王城に直接嫌がらせするんです」



12: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 21:08:28.099
このネット廃人共は何をもって戦士とか僧侶とか名乗ってるんだ



14: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 21:09:28.947
魔王城に直接嫌がらせする集団ってもう勇者パーティで良いのでは



15: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 21:09:50.252 ID:dDMe/0YA0.net
戦士「お、みんな揃ったか。行くぞ!」

荒くれ者A「おう! スプレーで落書きしてやる!」

荒くれ者B「古い生卵持ってきたぜ! これ壁に投げつけたらくっせえぞ!」

荒くれ者C「魔王の悪口書きまくった張り紙もバッチリだ!」

戦士「んじゃ、行ってきます」

大臣「行ってらっしゃい……」



16: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 21:11:44.690
半分犯罪だぞ



17: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 21:12:36.978 ID:dDMe/0YA0.net
戦士「後はこういうスレ立てれば……」

『【画像】魔王城に凸したったwwwwwwwww』

『すげー! やるじゃん!』

『魔王ざまあああああ!』

『俺も仲間集めて、やってやる!』



大臣「おお……盛り上がってるな」

戦士「でしょ? で、結局みんな心の中に“目立ちたい”って感情を飼ってるんで……」

戦士「“俺の方がもっと凄いことできる!”って奴が現れて、イタズラがエスカレートしていくんすよ」

大臣「目立ちたがり屋が魔王を追い詰めるわけか……」



21: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 21:15:38.727 ID:dDMe/0YA0.net
魔法使い「……」カタカタ

大臣「君は何を?」

魔法使い「インターネット上のコミュニティに魔王の悪い噂を流してるの」

大臣「ああ、勇者殿と同じようなやり方だね」

魔法使い「少し勇者とは違うけどね」

大臣「どういうこと?」

魔法使い「私が噂を流してるのは、女性が集まるコミュニティなの」



22: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 21:18:27.676 ID:dDMe/0YA0.net
『魔王って男尊女卑がひどいらしいわよ』

『えー、許せなーい!』

『女子の力で叩きのめしましょう!』

『そうよそうよ!』



魔法使い「こんな具合にね」

大臣「だが……女性に出来ることなどたかが知れてるだろう?」

魔法使い「あら、大臣はちょっと女をナメすぎじゃないかしら」

大臣「え」

魔法使い「インターネット上の女は恐ろしいのよ」ニヤッ



24: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 21:21:47.999 ID:dDMe/0YA0.net
『魔王の家族がいる家を突き止めました! 個人情報も入手しました!』

『とりあえず生ごみを送っておかない?』

『魔王の部下にも徹底的に嫌がらせを……』

『魔王擁護派のブログを突き止めたので、みんなで荒らしましょう!』



大臣「なんだこれは……」

魔法使い「女が本気を出すとちょっとした情報機関以上の情報収集力を発揮するの」

魔法使い「戦士達みたいに直接的なことはせず、もっとえげつない方法で追い込んでいくのよ」

大臣(女って怖い!)



26: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 21:24:17.592
魔王「なんだろう、ウソ書くのやめてもらっていいですか」



28: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 21:25:22.679 ID:dDMe/0YA0.net
大臣(さて、残るは僧侶君か……。魔法使い君と違って大人しそうな女の子だが……)

僧侶「……」サッサッ

大臣「何をしてるんだね?」

僧侶「画像を作ってます」

大臣「画像? ……うわっ!」

大臣(魔王が、おそらくまだ小さな子供である魔族にいかがわしいイタズラをしている……)

大臣「まさか魔王にこんな趣味があったとは……ひどい奴だ」

僧侶「いえ、多分ないと思いますよ」

大臣「ない? しかし、現に画像が証拠として――」

僧侶「これ、コラです」

大臣「コラ?」

僧侶「“コラージュ”のことです。ようするに複数の画像を組み合わせて、私が作った画像です」

大臣「つまり合成ってこと? 全然そうは見えない……」



29: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 21:28:14.299 ID:dDMe/0YA0.net
僧侶「今までにもいくつもコラ画像を作って、ネット上に流しました」

僧侶「ほら」

大臣「!」

大臣(さっきの画像が可愛く見えるほどの、魔王の画像の数々……)

大臣「これをバラまいていけば、魔王の評判は地に落ちるというわけか」

僧侶「はい」

僧侶「しかし、今時は画像だけだとインパクトに欠けるので……」



30: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 21:31:19.786 ID:dDMe/0YA0.net
僧侶「動画も作ってます」

大臣「え、動画!?」

僧侶「再生すると……」

魔王『ぐへへへへ……おじさんと楽しいことしなぁい?』

大臣「……!」

大臣「動く魔王はともかく、声はどうしたんだ?」

僧侶「合成して作りました」

大臣(眉一つ動かさず恐ろしいことをする子だ……)



31: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 21:34:46.193 ID:dDMe/0YA0.net
勇者達の工作は功を奏し――

勇者「おっ、このスレも完走したか。早いなー」

『【絶対】魔王アンチスレpart5329【許すな】』



戦士「ハハッ、すげースレが立ってやがる!」

『【証拠あり】魔王の城に放火してきた!』



38: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 21:37:57.629 ID:dDMe/0YA0.net
魔法使い「ネット上の女は、今やみんな魔王の敵よ」

魔法使い「種族に関係なくね」

『私はメスのドラゴンですが魔王を許せません。夫にも魔王軍を辞めるよう言います』

『そもそも今までに女魔王がいないのはおかしいのよ! 差別だわ!』



僧侶「みんな面白がって、あちこちで魔王のコラ画像が作られています」

僧侶「今や魔王はただの“素材”です」

『コラ作ってみた! 見てくれ!』

『俺魔王軍幹部だけど、魔王の顔見るだけでコラ思い出して笑っちゃうわ』



40: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 21:41:15.822 ID:dDMe/0YA0.net
……

……

勇者「……そろそろだな」

戦士「ああ、大臣から知らせが来るはずだ」

大臣「勇者殿! みんな!」タタタッ

魔法使い「ほら来た。どうしたの、大臣?」

僧侶「よい知らせですか?」

大臣「魔王が……氏んだ!」



41: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 21:42:13.834
かわいそう



43: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 21:44:26.911 ID:dDMe/0YA0.net
勇者「ちなみにどんな氏に方をしたんです?」

大臣「自室で首をくくっていたらしい。衝動的なものらしく遺書すらなかったそうだ」

戦士「ぷっ、しょぼっ!」

魔法使い「魔王ともあろう者が情けない最期ねー」

僧侶「ぜひ氏体を撮影したかったですね」

勇者「コラの素材にするためか?」

僧侶「もちろんです」

どっ! ハッハッハッハッハ…



44: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 21:44:28.584
ひでえ…



46: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 21:45:27.034
おそるべし現代人



47: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 21:46:47.985
この一面の流れをドキュメンタリーとして放送して勇者も潰すわ



48: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 21:47:32.395 ID:dDMe/0YA0.net
勇者「カンパーイッ!」

カチンッ

勇者「俺たちにかかればこんなもんよ!」

戦士「楽しかったぜ~、魔王城突撃オフ会!」

魔法使い「私も! 女同士一致団結しちゃったもん!」

僧侶「久しぶりに腕を振るえましたよ」

勇者「ま……つまりこういうことだな」

勇者「魔王を倒すなんざネットを使えば楽勝よ」



49: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 21:50:32.532 ID:dDMe/0YA0.net
勇者「ウイ~……今日は飲みすぎたな」

勇者「魔王は氏んだ……。これで俺たちを待ってるのは栄光の日々ってわけだ……」

勇者「きっとネット上でもそういうニュースで持ちきり……」

勇者「お、なんか妙に盛り上がってるスレあるな。なんだこれ」



『【速報】卑劣な手段で魔王を倒した四人組がいるらしい』



勇者「……え?」










52: 名無しブレイド 2021/06/09(水) 21:57:01.773

因果応報だな